ネズミは食物を荒らす害獣?駆除する方法は?

 

ネズミというのは、我々人間の生活に様々な悪影響を及ぼします。 代表的なのは、食物被害です。 では、そんなネズミを駆除する方法はないのでしょうか。 この記事では、ネズミの生態や駆除する方法などについて詳しく解説していきます。

 

 

ネズミの特徴は?

 

ネズミというのは、基本的に夜行性ですので、人々が寝静まった後に食物を荒らすことが多いです。

寝ている間に食べ物を盗む→寝盗み→ネズミ という名前になったとさえ言われている動物なのです。
 

そんなネズミは、

・警戒心が強い
・環境適応能力を持っている
・繁殖力が高い
・縄張りを持っている
・なんでも食べる
・歯が死ぬまで伸び続ける
などの特徴を持っています。
 

また、ネズミというのは安全だと認識した道を何度も通る傾向がありますので、フンや足跡からネズミの存在を確認することができます。 これを、ラットサインと呼ぶのです。  

 

ネズミの被害ってどんなものがある?

 

では、ネズミというのは、一体どのような被害をもたらすのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。  

 

健康被害

まずは健康被害です。 鼠咬症や発疹病、ペスト、ツツガムシ病などを発症することも多く、場合によってはかなり重症化してしまうこともあるのです。 また、精神的にも被害を受ける場合があります。 例えば、物音による不眠症やノイローゼなどの症状です。 つまり、ネズミというのは、身体的にも精神的にも悪影響があるということです。  

 

食物被害

続いては食物被害です。 先ほども解説したように、ネズミによって食べ物を食い尽くされてしまう可能性も非常に高く、それ以外にも、 ・家財 ・農作物 ・造林 などに被害が及んでしまう可能性もあるのです。  

 

家によくいるネズミの種類は?

 

ただ、ネズミにも様々な種類があり、それぞれで性格や見た目が異なります。 では、家に良くいるのは、一体どのネズミなのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。  

 

ドブネズミ

まずはドブネズミです。 ドブネズミは灰褐色で、体調は18センチから28センチ前後となっています。 また、性格が非常に荒く、人間にも噛みつくことがあります。 魚介類や肉類を好む傾向がありますので、知らない間に魚介類や肉類が噛みちぎられていたという場合は、このドブネズミが犯人の可能性が高いです。  

 

クマネズミ

続いてはクマネズミです。 クマネズミは黒色、もしくは茶褐色で体調は14センチから24センチ前後となっています。 非常に警戒心が強く臆病な事が特徴的です。 このことから、天敵が少ない高い場所を好むことが多く、近年では都市部で非常に多く発生しています。  

 

ハツカネズミ

続いてはハツカネズミです。 ハツカネズミは褐色、もしくは黒色で、体長は6センチから9センチと小柄です。 性格はどちらかというと穏やかで、非常に好奇心が旺盛です。 狭い場所を好むため、倉庫や物置などに潜んでいることが多いです。 体が小さいため、ちょっとした隙間から侵入することができ、気づかないうちに家中に発生してしまっていることもあります。  

 

ネズミ駆除に効果的な忌避剤の種類

 

では、そんなネズミを駆除するためには、一体どのような方法を実践する必要があるのでしょうか。 比較的効果が高いのは、忌避剤と呼ばれるものです。 忌避時というのは、ネズミが嫌うニオイを発することができ、ネズミを追いやることができるのです。 ただ、忌避剤には様々な種類がありますので、どのタイプにどのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。  

 

スプレー

まずはスプレータイプです。 スプレータイプの忌避剤は、ネズミに直接噴射でき、即効性があるという特徴があります。 ただ、効果の持続期間は数日から数週間と比較的短いため、こまめにスプレーを噴射する必要があるでしょう。  

 

蒸散

蒸散タイプの忌避剤は、煙でネズミを追いやる形になります。 蒸散タイプの場合は、即効性があり尚且つ効果も数日間から数週間程となっています。 ただ、人間には害となるため、 ・電子機器 ・子供のおもちゃ ・食料品 などにかからないように注意する必要があります。 そして、蒸散タイプの忌避剤を使用した場合は、しっかりと換気をするようにしましょう。  

 

設置

設置タイプの忌避剤は、今紹介した2つの忌避剤と比べると比較的効果が長持ちします。 ただ、風通しの良い場所で使用してしまうと、効果が薄れてしまう可能性がありますので、適切な場所に、適切な数の忌避剤を設置することが大事になってきます。  

 

どうしてもだめなら業者を頼ろう

 

ただ、ネズミというのは非常に賢く、警戒心が強い動物です。 そのため、人間の前には滅多に姿を現しません。 つまり、素人が駆除をするのは難易度が高いということです。 どうしてもネズミがいなくならない、被害が収まらないという場合には、専門の駆除業者に依頼をすることもおすすめです。 そうすることで、迅速かつ丁寧にネズミを駆除することができるでしょう。  

 

まとめ

 

このように、ネズミにも様々な種類があり、それぞれで性格や大きさが異なります。 ただ、どのネズミも人間に害を与えることには変わりありません。 そのため、ネズミによる被害を受けた場合は、そのネズミが自宅に住み着いてしまっている場合がありますので、繁殖する前にしっかりと駆除をしておくことをおすすめします。

 


家族の安全を守りましょう
イオンゾーンプラス 光触媒