横浜のハト撃退の効果的方法とは!?

ハトを撃退する効果的な方法と注意点!

 

ハトは「平和のシンボル」と呼ばれていますが、実際にはハトの糞やダニが人の身体に害を与えることが証明されています。
 

また、ベランダなどに大量のハトの糞があると汚らしいだけではなく、衛生的にもよくありません。
 

そこで、ハトが来ないようにしたいのですが、昆虫とは違い、撃退の方法が分からないという人が少なくありません。

 

 

鳥獣保護法における違反行為

 

例え、ハトの被害に悩まされているとはいえ、ハトを傷つけたり、捕獲したりすることは、鳥獣保護法によって禁止されています。
 

卵やひなに触ることもできません。仮に、違反すると100万円以下の罰金を科されることになります。

 

 

 

完全防備での作業

 

ハトがいた場所で作業をする時は、必ずマスクや手袋をします。
 

できれば、スキーで使うようなゴーグルがあると完璧です。ハトの身体にはダニノミがおり、病気の原因になることがあるため、完全防備で作業することが必須です。
 

また、ハトの羽毛はアレルギーや喘息の原因になり、糞には脳炎を引き起こす原因となる病原菌が潜んでいます。
 

なお、作業を終えた後は、汚れをきれいに洗い流します。ハトは自分のフンの匂いがすると、その場所が安全だと判断し、常に戻ってきます。

 

ハトの撃退方法

 

ハトをベランダから撃退する基本的な方法は、「ハトの嫌がるベランダ」にすることです。
 

具体的な対策としては以下の3つがあります。

 

ベランダに物を置かない

まず、第一に行うことはベランダをきれいに片づけます。
 

ハトは天敵から身を守るため、隠れることのできる安全な場所をねぐらにします。
 

従って、ベランダに大きな植木鉢があったり、カラーボックスが置かれたりしていると、そこに巣を作るようになります。
 

何もなければ、「落ち着くことのできない場所」と認識します。

 

 

人がいると思わせる

 

ハトは人の気配を感じると、そこに居座ることをしません。
 

従って、時間の空いた時にベランダに出るようにすると、ハトは安心できなくて寄ってこなくなります。

 

 

対策グッズを設置してみる

ホームセンターなどに売られている撃退用の対策グッズを試してみる。ハトやひな、卵などが居なければご自分で対策をされる方もいらっしゃるでしょう。

 

駆除業者に依頼すべき理由

 

たくさんの対策グッズが売られている中、ご自分で設置をしたけど、結局、買ったものが無駄になってしまったり、ハトが入り込んできた、巣を作ってしまったなどうまくできなかったというお話はとても多くお聞きします。
 

鳥の被害でお困りの方は、駆除業者に早急に依頼するのが手っ取り早いとも言えますね。
 

お気軽にお電話ください
045-308-6296 045-308-6296
24時間受付可能
神奈川県横浜市南区永田北3-25-9-101
ACCESS

神奈川を中心とし活躍している害虫駆除業者のアクセスについてご紹介いたします

神奈川の害虫駆除業者・クリーン計画プロープル株式会社は、駅から比較的近い場所にあり、お車で数分の場所にございます。ご予約優先のため、事前にお電話やメール等でお問い合わせいただくことをおすすめしております。神奈川の害虫駆除業者のアクセス等についてご質問がある方は、気軽にお問い合わせください。
クリーン計画プロープル株式会社写真
会社名 クリーン計画プロープル株式会社
住所 神奈川県横浜市南区永田北3-25-9-101
電話番号 045-308-6296
FAX 045-308-1516
営業時間 24時間受付可能
定休日 年中無休
最寄駅 井土ヶ谷駅から車で8分 保土ヶ谷駅から車で11分
所属団体 (公社)日本ペストコントロール協会 会員
(社)神奈川県ぺストコントロール協会 会員
(社)日本鳥獣被害対策協会 会員
(社)日本有害生物対策協会 会員
日本ペストロジー学会【会員№1963】
防除作業監督者【防第15542号】
ペストコントロール技術者
建築物ねずみ昆虫等防除業登録
公益財団法人 文化財虫菌害研究所【会員№318】
高所作業技術技能資格

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。