危険性の高いハチの種類は?それぞれのハチの特徴を徹底解説!

 

ハチは植物の受粉などには欠かせない虫ですが、人間には、ハチが持つ毒で猛威を振るう場合があります。 とはいえ、ハチにも様々な種類がありますよね。
 

中には、そこまで危険ではないハチもいます。 しかし、初心者の多くは、どのハチが危険で、どのハチが危険ではないか見分けることができないという人もいるでしょう。 そこで、この記事ではそれぞれのハチの特徴について詳しく解説していきます。

 

 

スズメバチ

 

まずはスズメバチです。 スズメバチはハチの中でも比較的体調が大きく、物によっては45ミリほどになる個体もあります。  

 

特徴

 

スズメバチというのは、他のハチに比べると非常に動きが早く、攻撃性が高いことが特徴です。 直接スズメバチを攻撃しなくても、巣の前を通っただけで標的にされる場合もあるのです。
 

そして、スズメバチというのは、針の毒液がある限りは何度でも指すことができますので、何度も刺されてしまう可能性もあります。 そうなってしまうと、アナフィラキシーショックを発症してしまう可能性があり、場合によっては死亡してしまうこともあるのです。  

 

 

スズメバチは、身を守ることができる場所に巣を作ります。 そして、非常に大きな巣を作ることも特徴の1つです。 この巣は、繊維などをスズメバチの唾液で固めて作られているのです。  

 

アシナガバチ

 

続いてはアシナガバチです。 このハチは、大体11ミリから26ミリ程度になることが多く、大体春から秋ごろにかけて活動します。  

 

特徴

 

アシナガバチというのは、スズメバチに比べるとおとなしく、すぐに人を攻撃するようなことは滅多にしません。 ただ、刺激したり、巣に近づいたりすると、敵だとみなされる場合があり標的にされる可能性が高くなります。 また、仮にアシナガバチに刺されると、スズメバチと同様アナフィラキシーショックを起こす可能性がありますので注意が必要です。  

 

 

アシナガバチは、どちらかというとベランダなどの開放的な場所に巣を作ることが多いです。 スズメバチの巣と比べると小さいですが、頑丈さで言えばアシナガバチに軍配があります。 作り方は、スズメバチと一緒で、繊維などを唾液で固めて作ります。  

 

ミツバチ

 

ミツバチは、10ミリから20ミリほどの大きさになることが多く、植物の受粉には欠かせない虫です。 また、ハチミツを食べることができるのも、ミツバチのおかげなのです。

 

特徴

 

ミツバチは基本的におとなしく、巣を攻撃したり、刺激したりしない限りは襲ってくることはありません。 また、毒もスズメバチやアシナガバチと比べると少なく、一見害のないハチに見えます。 しかし、ミツバチを怒らせてしまうと、大量のミツバチが押し寄せてきて一気に襲われる可能性があります。 また、ミツバチの針には返しがついているため、中々抜けず、毒を体外へ出すことが難しくなってしまう可能性があるのです。

 

 

ミツバチは、床下もしくは天井などに巣を作ることが多いです。 巣の場所が決まると、ミツバチはお腹からろう片という物質を分泌させ、その物質をかみ砕いて巣を固めるのです。 ちょっと変わった巣の作り方をするハチで、巣の形も平らな状態となっています。 仮に見つけた場合は、何もしなければ攻撃してこないため、そっとその場を離れるようにしましょう。  

 

ツマアカスズメバチ

 

ツマアカスズメバチという名前を聞いたことがあるでしょうか。 きっとほとんどの人がないと思います。実はこのハチ、在来種とは異なり、捕食対象となる虫が非常に多い、生態系へ悪影響を及ぼすとされているハチなのです。
 

このハチは地球全体でみられていて、日本でも、2012年に対馬、2019年に山口県で確認されています。

 

特徴

 

このハチは、先ほども解説したように、様々な虫を食い尽くします。 そのため、生態系の乱れが懸念されていて、養蜂場にも悪影響を及ぼすと言われています。 また、人間が刺されると毒が全身に回り、場合によっては死亡してしまう可能性もあるのです。

 

 

このハチは、他のハチとは違い、比較的高い位置に巣を作ることで有名です。 そのため、普通に生活している分には気づかないことが多く、そのまま放置してしまうこともあるのです。 ただ、そうなってしまうとどんどん繁殖をしていきますので、やがて在来種の昆虫などが食い尽くされてしまう可能性もあるのです。 そのため、積極的に駆除していくべきハチということもできます。  

 

まとめ

 

ハチには様々な種類があります。 中にはあまり毒性がないハチもいますが、どのハチも刺激したり、巣に近づいたりすると襲ってくる可能性があります。 また、完全に毒がないというわけではありませんので、刺されてしまうとアナフィラキシーショックを引き起こしてしまう可能性があるのです。 そのため、仮に道を歩いていてハチを見つけたとしても、決して近寄らず、すぐにその場を離れることをおすすめします。

お客様の体験談

 

(※お客様には掲載許可をいただいております)

庭先に小さなスズメバチの巣ができました。
とても小さな巣だったので、専門業者の依頼をするのをやめて自分で駆除を行ってみようと試みたのです。


その時に起こった失敗談についてお話ししていきます。

ちょうど5月の中頃、庭先の木にスズメバチの巣を発見しました。
時々スズメバチが飛んでいたのですが、近くは空き地や農地が多かったので、恐らくそういったところのものだろうと判断していたようです。


しかし、実際に庭先にあったことで、まさか自分の家に巣があるとは思わなかったとおっしゃっていました。


巣の様子ですが、テニスボールくらいのサイズでスズメバチもテレビで見るような無数の数ではなく、10匹はいない程度だったそうです。


その程度なら自分でも行けるだろうと判断し、なんと自分で駆除を行うとしました。
サイズが小さかったこととスズメバチの数が少なかったこと、そして駆除の費用がもったいないと思ったことがその理由だったそうです。

そして、居間に戻って駆除の方法を選択することにしました。


ネットで調べるとスズメバチ用の殺虫剤があることを知り、近所のドラッグストアへ行くと、ハエ用の殺虫剤に比べて高額で、しかも大量に入っていたためこんなにはいらないだろうと判断し買わずに帰宅しました。


自宅に帰り、長袖などで厚着をして、古いゴルフクラブで叩き落とし、すぐに巣を叩いて壊すという誤った選択をしてしまったのです。


すぐに準備をして駆除をしようと試みます。
狙いを定めて全力で巣を叩き落とし2回目のスイングで巣を壊しました。


当然。巣を叩き落とされたスズメバチはすぐに怒ったそうです。
テレビの効果音のような怒った蜂の羽音を聞いたといっていました。


すぐに危険を察知し室内へ逃げ込み戸を閉めます。
判断通り、数が少ないのでなんとか難を逃れることに成功しました。


これに気をよくして数時間程度室内でテレビを見て過ごしていた時の事・・・さすがに数時間以上たったので、スズメバチもどこかへ消えたと判断し、様子を見に庭に出ようとした瞬間トラブルに見舞われます。


サンダルの死角ににスズメバチがたまたまいて、足裏を刺されてしまったのです。


不幸中の幸いでしょうか、初めて刺されたためでしょうか、アナフィラキシーショックは出ませんでした。
しかし、もし刺されたのが2回目以降でアナフェラキシーショックを起こしていたら、もしかしたら命がなかったかもしれません。


一応病院へ行って診てもらいましたが、全く問題がなかったものの、足の裏がはれてしまったため、何日か痛かったそうで、出勤用の革靴が履けなかったとおっしゃっていました。


このように蜂の巣を叩き落とし、更に壊してもスズメバチは近くにいます。


そして、意外な所に隠れているのです。


こういったトラブルを避けるために、どんなに小さくとも専門業者に依頼した方が良いのではないでしょうか。
(あくまでも今回、ご依頼をいただいたお客さま個人のご意見です)


専門業者駆除を依頼するのであれば、こういったスズメバチの復讐に遭うこともほぼありませんし、安全です。
 


今回のお客様のケースでは、以前の体験をもとに今回は駆除のご依頼をいただいたので、実体験としての状況や危険だという事をもっと皆さまに知っていただきたいという思いから掲載させていただきました。
 

アナフィラキシーショックで失神し、死に至ることはなかったですが、そうでなかったとしたらゾッとします。